干支と運勢の関係

大吉神社

干支と運勢との関係性とは

人々の多くの関心事になっているのが、運勢といえます。
占いといえば、全く信用しないという人もいますが、心の持ちよう次第では、その後の人生にも大きな影響を与える可能性もあるとして、話題が沸騰しています。
一方において、干支への関心も高まっています。
そもそも干支とは、十二の動物を対象にしたもので、多くの人が子供のころから関心を寄せるものの一つとして、根づいています。
金融機関や医療機関などにおいて、本人を特定するものとして、代表的なものとして、名前や生年月日などがあげられますが、中には干支を確認する場合もあるほど、その役割は重要性を持つといわれます。
運勢との関係性を取り上げる人も多くおり、注目を集めています。
根拠をあげることは難しいことですが、自分の運勢にポジティブな要素があれば、だれでも嬉しい気持ちになるといわれています。
人生においては、メンタルな部分が大きく左右するといわれていますので、気の持ちようが肝心なのです。

干支による運勢占いについて

ねずみ年生まれから亥年生まれまで、人は生まれた年により12支と呼ばれる干支に分類されます。
同年に生まれた人は同じ動物になりますが、占いではこの干支がそれぞれ性格や運勢に大きな意味を持つとされています。
例えば丑年生まれの特徴として、深く考えたあとにのっそりと動き出し、信念を貫くタイプであると言われます。
また実在しない神秘的な架空の動物である辰は、その通り、どこかつかみどころがなく、またプライドが高いという特徴を持っています。
また占いでは、それぞれの干支の運勢の波や吉の年と凶の年なども分かるようになっています。
動物同士で相性もあり、互いに協力し合える「支合」と呼ばれる良い相性もあれば、「七沖」や「六害」という互いに害をもたらしたり反発しやすいよくない相性もあります。
相性占いは男女間で恋愛運や結婚運を診断する際にも使われます。
幸せな人生を送るために、こうした占いの性格や運勢を参考にするのもひとつといえるでしょう。

COPY RIGHT (C) 大吉神社 ALL RIGHT RESERVED